成年後見の手続の流れ!申立てから面接調査、鑑定、審判までの期間は?

すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申立てをすることになります。

成年後見の申立て手続きの流れは、大きく①申立ての準備と②申立て後の手続(家庭裁判所の審理と審判)に分けることができます。

この記事では、申立て後の手続(申立て書類、申立て費用、必要書類の審査、面接、家庭裁判所調査官による面接調査、本人の親族等への照会、鑑定)、審理期間、申立ての取り下げについて解説します。

成年後見の申立て手続きの流れ

成年後見 申立て 審判 鑑定

  1. 申立て書類、申立て費用、必要書類の審査
  2. 面接
  3. 家庭裁判所調査官による面接調査
  4. 本人の親族等への照会
  5. 鑑定

また、審理期間と申立ての取り下げについても解説します。

0.家庭裁判所の審理とは

家庭裁判所の審理とは、成年後見の申立てについて判断をするために、事実関係や法律関係を取り調べる手続です。

1.申立て書類、申立て費用、必要書類の審査

成年後見の手続きは、申立人(申立権者)が、申立て書類、申立て費用、必要書類を準備した上で、本人の住所地を管轄する家庭裁判所の窓口で申し立てることで始まります。

まず、家庭裁判所の窓口で、申立て書類、申立て費用、必要書類がそろっているかどうかの審査が行われます。

申立て書類に不備がある場合、担当職員からその場で訂正を求められることがあるので、認印を持参しておきます。

書類等が不足している場合、不足している書類の種類などによって、後日提出することを約束すれば手続きを進めてもらえる場合もあれば、提出するまで手続きが止まってしまう場合もあります。

2.面接

家庭裁判所の職員が、申立人や成年後見人等の候補者と面接し、申立ての詳しい事情などを聴取する手続きです。

申立ての当日に面接が行われることもあれば、申立て時に面接日を決めることもあるなど、家庭裁判所によって対応が異なるため、事前に確認しておく必要があります。

申立人が説明を求められる内容

  • 成年後見の申立てに至った事情
  • 本人の生活状況
  • 本人の判断能力
  • 本人の財産と収支の状況
  • 申立てに対する本人の親族等の意向

いずれも、申立て時に提出した申立書や申立事情説明書、親族関係図、財産目録、収支目録などを確認しながら、申立人が把握している範囲で説明します。

面接において、申立て書類等に書かれていない事情が明らかになった場合、追加の資料提出を求められることもあります。

成年後見人等の候補者が説明を求められる内容

  • これまでの本人との関わり
  • 成年後見人等の候補者になった事情
  • 欠格事由の有無の確認
  • 成年後見人等に選任されることへの意見

申立て時に提出した後見人等事情説明書の項目に沿って、候補者が把握している範囲で説明します。

申立人と候補者が異なる場合、申立て時に候補者が家庭裁判所へ出頭できないこともありますが、その場合は、後日、申立人とは別に面接を受けることになります。

3.家庭裁判所調査官による面接調査

家庭裁判所調査官(以下、「調査官」という。)とは、家庭裁判所に配置されている、家事事件(離婚、成年後見、養子縁組など)や少年事件の調査を行う職員です。

家庭裁判所によって、申立て時の面接を調査官が行っているところもあれば、申立て時の面接は他の職員が行って、問題がある場合などに調査官が面接を行うところもあります。

本人との面接調査

成年後見制度は、本人の権利や財産の保護を目的としていますが、制度を利用すると、本人の権利が制限されることになります。

そのため、本人の意思を尊重して手続きを進める目的で、申立ての内容や制度利用についての意見を、本人から直接説明するよう求められることがあります。

補助開始や保佐開始(代理権付与)の申立ての場合は、本人の同意が必要になるため、必ず本人の面接調査が行われます。

家庭裁判所で行われることもあれば、本人の体調等によっては、家庭裁判所調査官が本人の入院先や入所施設を訪問し、現地で行われることもあります。

4.本人の親族等への照会

家庭裁判所は、本人の親族に対して、申立ての概要や成年後見人等の候補者を伝え、意向を確認することがあります。

通常、親族等への照会は、親族に対して書面を送付するかたちで行われます。

ただし、親族等への書面による照会の結果、申立てそのものや、候補者が成年後見人等に選任されることに反対する親族に対しては、面接によって詳しい事情を聴取することもあります。

5.鑑定

鑑定とは、本人の判断能力の程度を医学的に判定する手続です。

申立て時の必要書類の一つとして診断書を提出しますが、診断書から本人の判断能力が十分に判断できない場合などには、家庭裁判所が医師に本人の判断能力の鑑定を依頼することがあります。

鑑定が省略される場合もある

一時期は、成年後見の申立てを行うと、原則、鑑定が行われていました。

しかし現在は、成年後見用の診断書を提出し、申立人や親族からも十分な情報が得られる場合は、鑑定が省略されるようになっています。

成年後見用の診断書とは、家庭裁判所が作成している、家庭裁判所が本人の判断能力を判断できる内容がもれなく記載された診断書です。

裁判所のサイトから書式をダウンロードできるので、プリントアウトして本人の主治医に渡し、記載してもらいます。

鑑定を担当する医師

通常、家庭裁判所は、本人の病状や状況を把握している主治医やかかりつけ医に鑑定を依頼します。

しかし、主治医等が鑑定を引き受けない場合や、主治医による鑑定に反対する親族がいる場合などは、他の医師を探す必要があります。

家庭裁判所が医師を探してくれることもありますが、申立人が探すよう求められることもあります。

そのため、申立ての前に、主治医等が鑑定を引き受けてくれるかどうか、引き受けてくれない場合に他の医師を紹介してもらえるかどうかを確認しておくことが大切です。

主治医等が鑑定を引き受けてくれる場合は、診断書の付票にその旨を記載してもらい、いくらで鑑定を引き受けるかについても付記してもらいます。

鑑定にかかる費用

鑑定にかかる費用とは、鑑定を引き受けた医師に対する報酬です。

いくらで鑑定を引き受けてくれるかについては医師によってまちまちですが、平均すると約10万円です。

鑑定の費用は、家庭裁判所が本人の判断能力について鑑定が必要だと判断した場合に、医師が鑑定を行う前に家庭裁判所へ預けることになります(予納)。

鑑定の要否が明らかになっていない申立て時に支払うことはなく、鑑定が必要だと判断された段階で支払います。

鑑定にかかる期間

鑑定にかかる期間は、鑑定を引き受けた医師によってまちまちですが、平均すると約2~3週間前後です。

年末年始、夏や冬の長期休暇期間中は、通常よりも時間がかかる傾向にあります。

家庭裁判所の審理期間

審理期間とは、申立人が成年後見の申立てをしてから審判までの期間です。

申立てから審判まで、期間を要する事情がなく手続きが進行した場合の平均的な審理期間は、約1ヶ月です。

ただし、必要な書類がそろっていない、鑑定が必要と判断された、親族の同意が得られないなどの事情があると、審理期間が1ヶ月以上になることもあります。

申立ての取り下げ

家庭裁判所の審理の途中で申立てを取り下げるには、家庭裁判所の許可が必要で、申立人が勝手に取り下げることはできません。

公益性や本人保護の観点から、本人が成年後見制度によって支援すべき状態なのに、申立人の一存で申立てが取り下げられることを防ぐために設けられたルールです。

家庭裁判所が許可する可能性が低い取り下げ理由

  • 自分を成年後見人等の候補者として申し立てていたけれど、他の人が選任されそうだから
  • 審理に時間がかかりすぎており、待ちきれなくなったから
  • 成年後見制度以外で、本人の財産を引き出す目途がついたから

関連記事

成年後見制度とは?わかりやすい説明と図で解説

ピックアップ記事

  1. 認知症 離婚
    配偶者が認知症になると、介護負担、経済的困窮、夫婦関係の変化、老後の不安など様々な課題や問題が生じる…
  2. 認知症かなと思ったら,気づく,ポイント,チェック
    認知症を根治させる方法は見つかっていませんが、症状の進行を遅らせたり、日常生活の支障を和らげたりする…
  3. 障害者手帳 精神障害者保健福祉手帳 認知症
    認知症の人は、障害者手帳を取得することができます。 障害者手帳を取得していると、税金の控除・減免、…
  4. 認知症は、高齢者だけの病気ではなく、若いうちから発症することがあります。 65歳未満で発症した認知…
  5. 認知症カフェ
    認知症を発症すると、日常生活の様々な場面で支障が出て不安や焦りが募り、孤立しがちです。 また、認知…
  6. 新オレンジプラン 認知症施策推進総合戦略
    厚生労働省は、65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人が2012年時点で約462万人おり、20…
  7. 認知機能の減衰
    軽度認知障害(MCI)は、認知症予備軍やグレーゾーンと呼ばれる状態です。 放置すると症状が進行して…
  8. 認知症による物忘れと加齢による物忘れ
    認知症の主な症状の一つである記憶障害(物忘れ)は、加齢による物忘れと混同されやすいものです。 しか…
  9. 認知症の中核症状と周辺症状
    認知症の症状は、中核症状と周辺症状の2種類に分類されます。 認知症の中核症状と周辺症状は、起こる原…
  10. 認知症 基礎知識
    最近、認知症という名前はよく見聞きするようになりました。 しかし、認知症がどのような病気なのか、何…

特集記事

  1. 遺産分割 認知症

    認知症と遺産分割!相続人に認知症の人がいると成年後見人が必要?

    遺産分割は、亡くなった人(被相続人)の財産を相続人に移す法律行為であり、相続人には意思能力が備わって…
  2. 成年後見 申立て 申立人 申立費用 必要書類

    成年後見の申立て準備!申立人(申立権者)、申立費用、必要書類は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  3. 成年後見 申立て 審判 鑑定

    成年後見の手続の流れ!申立てから面接調査、鑑定、審判までの期間は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  4. 成年後見 審判 確定 後見人になれる人

    成年後見の手続の流れ!審判で後見人になれる人は?確定までの期間と登記は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  5. 成年後見登記制度 登記されていないことの証明書

    成年後見登記制度とは?登記事項証明書の申請と手数料は?登記されていない証明は?

    成年後見制度では、ある人が制度を利用しているかどうかについて、第三者が知ることができるよう登記の制度…
  6. 成年後見人 報酬 基準 相場

    成年後見人の報酬付与申立ての方法は?申立書・事情説明書の書き方、基準、相場は?

    成年後見人等は、本人の権利や財産を守るため、療養監護や財産管理の事務を行った報酬を受け取ることができ…
  7. 後見人 仕事 いつまで

    成年後見人の仕事はいつまで?辞める場合の条件と手続は?解任もある?

    成年後見人等は、一旦選任されると、当初の目的を達成しても仕事を続けることになっており、仕事を終えるこ…
  8. 後見 保佐 補助 呼び方

    成年後見監督人とは?職務と報酬、選任手続は?

    本人の親族等が成年後見人等に選任された場合、家庭裁判所が成年後見監督人等(成年後見監督人、保佐監督人…
  9. 成年後見人 仕事

    成年後見人の仕事内容は?療養監護と財産管理、家庭裁判所への報告とは?

    成年後見制度では、本人の財産や権利を守るために、家庭裁判所が成年後見人等(成年後見人、保佐人、補助人…

Facebookページ

ページ上部へ戻る