回想法とは?回想法の認知症高齢者への効果は?認知症予防になる?

回想法は、アメリカ合衆国で始まった心理療法ですが、認知症の非薬物療法(リハビリテーション療法)の一つとして定着しています。

この記事では、回想法の概要、種類、実施方法、効果について解説します。

回想法とは

回想法とは、写真や音楽、生活用品など本人になじみが深いものに触れながら昔の経験を語り合う心理療法です。

過去の記憶を想起して話したり、相手の回想を聞いたりする体験によって、脳が活性化されて集中力、活動性、自発性が向上し、認知症の症状の改善または進行遅延に効果があるとされています。

また、話を聞いてもらうことによって自尊心を向上し、気持ちが安定するという効果も報告されています。

回想法は、アメリカ合衆国の精神科医ロバート・バトラー(Robert Butler)が始めた心理療法で、英語では「reminiscence」または「life review」と表記し、日本では回想法と訳されています。

昔から、高齢者が、過去のエピソードや出来事について今ここで起きているかのように繰り返し回想して話すことは知られていましたが、現実逃避などと否定的な受け止めをされがちでした。

バトラーは、この高齢者の回想に着目し、残された時間が短くなることで自然に生じる心理的過程で、過去に解決できなかった課題を捉えなおす肯定的な意味合いもあると考え、回想法を考案しました。

回想法では、過去の回想を話すことは過去の輝いていた自分を現在に活かすことに繋がり、心豊かに老後を過ごすために自然なことだと考えて、高齢者の回想を日常の援助に活かすことを目指します。

回想法の歴史

回想法は、1960年代に心理療法の一つとして登場し、うつ病などを抱える高齢者の治療法として広まりました。

その後、回想法が高齢者の認知機能の維持・改善に効果を発揮するという研究結果が発表され、認知症高齢者に対するリハビリテーション療法として活用される機会が増えています。

日本においても介護施設などを中心に、認知症高齢者などのリハビリテーション療法の一つとして取り入れられており、作業療法士が中心となって実践しています。

その他、異なる世代間の交流やアクティビティとしてなど、心理療法のみにとどまらず幅広く活用されています。

認知症と回想法

認知症を発症すると記憶や見当識などが障害されていきますが、初期段階では直近の出来事は忘れても、過去の記憶は保たれていることが多いものです。

そのため、回想法により過去の記憶を呼び起こすことができ、それが脳の活性化や現在の不安や焦りの緩和につながるとされています。

また、認知症予防としての効果も期待されており、回想法の教室や講座が開催されている地域もあります。

回想法の種類

回想法には、1対1で行う個人回想法と、少人数のグループで行うグループ回想法があります。

個人回想法

個人回想法は、対象者の個別性を大切にして、その人生と話に焦点を当てて受容的かつ共感的な姿勢で向き合い、やりとりします。

日常会話から始めて自由にやりとりする方法と、あらかじめ決めておいた話題について話をする方法があります。

家庭でも気軽にできると説明しているサイトもありますが、あくまで「高齢者の話を聞いてあげることができる」というレベルの話です。

リハビリテーション療法としての個人回想法を行うには、対象者の話を傾聴しつつ望ましいエピソードなどを自然に引き出す能力が必要であり、専門的な訓練を受けた人でないと困難です。

グループ回想法

グループ回想法は、通常、10人以下の小人数を対象として回想を行います。

実施者側はリーダーとサブリーダーを決め、実施前に対象者全員の個人情報や生活史を把握・共有しておき、話題にする事項や話題にしない事項を話し合っておきます。

グループ内の他の対象者が聞くことを考慮し、子どもの頃の遊びや旅行の思い出など他人の前でも話せる話題を決めて、回想法を実施します。

グループ回想法では、自分の回想を話すだけでなく他人の回想を聞くことによってグループ内で回想が深まり、対象者相互の関係も深まっていきます。

高度なファシリテート能力が必要になるため、回想法の研修などに参加した上でないと実施は難しいでしょう。

回想法の方法

回想法は、幅広い対象に実施することができます。

例えば、認知症高齢者、抑うつ傾向のある高齢者、知的障害のある高齢者、一人暮らしの高齢者やその家族、老人ホームなどに入所している高齢者、デイサービスやデイケアの利用者などが回想法の対象として考えられます。

ただし、回想法を行うには過去の記憶を想起し、それを言語化する能力が必要になるため、認知症の症状が進行して過去の記憶が失われたり言語表現力が障害されたりしている高齢者には実施困難です。

また、家族を事故や事件で亡くしている、事故や事件の被害者になった経験があるなど、過去に辛い経験をした人についても、辛い記憶をよみがえらせてしまう可能性があるため、原則、対象外とします。

  個人回想法 グループ回想法
人数 1人 10人程度
回数

5~10回/1クール

毎週1回程度、同じ曜日・時間帯に1時間程度(対象者の体調、予定、モチベーション、実施場所などを考慮する)

10回程度/1クールを継続

月2回~週1回程度、同じ曜日・時間帯に1時間程度

場所 施設の居室など 施設の広間、施設付近の公園など

回想法で取り上げるテーマ

回想法で取り上げるテーマは、対象者の生活史や興味関心などを踏まえて決定します。

しかし、実施者側はあくまで回想のきっかけを与えてあげるのであって、対象者の記憶が想起されたら自由に話をさせてあげることが大切です。

きっかけを与えるキーワードとしては、例えば、子どもの頃に住んでいた地域、子ども時代、小学校・中学校・高校時代、仕事、趣味・特技、友達関係、交際・結婚、出産、子育てなどが考えられます。

回想法実施上の留意点

回想法では、対象者の自由な回想と話が基本であり、実施者が無理に話を聞きだそうとしてはいけません。

また、明らかに間違いだと分かる内容であっても、訂正する必要はなく、受容的・共感的に聞いてあげましょう。

回想法は心理療法を起源とする、専門的なリハビリテーション療法の一つであり、実施には専門的な知識と経験に加えて実施者と対象者の信頼関係が欠かせません。

「とにかく話を聞いてあげればいい」、「深く掘り下げて聴けばいい」という姿勢で回想法を実施すると、効果が上がらないばかりか実施者と対象者の関係性を悪化させたり、辛い記憶を想起させてしまったりするリスクがあります。

対象者が辛い記憶を思い出したときは、辛い気持ちに寄り添い、受容的・共感的に聞く姿勢を崩さないことが大切です。

安易に回想を終了させたり、想起させたことを謝罪したりすると、対象者としては不全感を抱き、実施者に不信感を抱きかねません。

関連記事

記憶障害とは?記憶障害の種類と症状、対応は?

回想法の効果

回想法の主な効果は、以下のとおりです。

  • 心理的問題の改善・解消
  • 認知症の予防・進行抑制
  • 自尊心の向上
  • 抑うつの改善・解消
  • 他人と関わる意欲の向上
  • 日常生活への満足度や肯定感の向上

年齢を重ねるほど、身体機能の低下によりできないことが増え、物忘れが多くなるなど老いへの不安や焦りが募ります。

また、退職して活躍できる場を失い、家族や知人友人が亡くなって他人と交流する機会が減るなどして、日常生活への満足度が下がり、対人交流への意欲も減少します。

自尊心が低下したり、抑うつ症状が現れたりし、急速に認知機能が低下して認知症を発症することもあります。

回想法を行うことで、まず、「他人に自分の話を聞いてもらう」という行為そのものが他人とのコミュニケーションの機会となります。

他人に受容的、共感的に自分の聞いてもらうという体験が、自尊心や他人と関わる意欲を向上させ、ひいては日常生活の満足度や肯定感の向上にもつながります。

また、過去の輝いていた頃の自分を思い出すことにより、不安や焦り、抑うつなどが自然と改善・解消され、穏やかな気持ちになることができます。

過去の記憶を思い出し、他人に分かるように話すことにより脳が活性化されると考えられており、認知症の予防や進行抑制にも効果があると期待されています。

関連記事

認知症とは?原因と種類、症状、対応は?認知症のテストと予防は?

ピックアップ記事

  1. 認知症 離婚
    配偶者が認知症になると、介護負担、経済的困窮、夫婦関係の変化、老後の不安など様々な課題や問題が生じる…
  2. 認知症かなと思ったら,気づく,ポイント,チェック
    認知症を根治させる方法は見つかっていませんが、症状の進行を遅らせたり、日常生活の支障を和らげたりする…
  3. 障害者手帳 精神障害者保健福祉手帳 認知症
    認知症の人は、障害者手帳を取得することができます。 障害者手帳を取得していると、税金の控除・減免、…
  4. 認知症は、高齢者だけの病気ではなく、若いうちから発症することがあります。 65歳未満で発症した認知…
  5. 認知症カフェ
    認知症を発症すると、日常生活の様々な場面で支障が出て不安や焦りが募り、孤立しがちです。 また、認知…
  6. 新オレンジプラン 認知症施策推進総合戦略
    厚生労働省は、65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人が2012年時点で約462万人おり、20…
  7. 認知機能の減衰
    軽度認知障害(MCI)は、認知症予備軍やグレーゾーンと呼ばれる状態です。 放置すると症状が進行して…
  8. 認知症による物忘れと加齢による物忘れ
    認知症の主な症状の一つである記憶障害(物忘れ)は、加齢による物忘れと混同されやすいものです。 しか…
  9. 認知症の中核症状と周辺症状
    認知症の症状は、中核症状と周辺症状の2種類に分類されます。 認知症の中核症状と周辺症状は、起こる原…
  10. 認知症 基礎知識
    最近、認知症という名前はよく見聞きするようになりました。 しかし、認知症がどのような病気なのか、何…

特集記事

  1. 遺産分割 認知症

    認知症と遺産分割!相続人に認知症の人がいると成年後見人が必要?

    遺産分割は、亡くなった人(被相続人)の財産を相続人に移す法律行為であり、相続人には意思能力が備わって…
  2. 成年後見 申立て 審判 鑑定

    成年後見の手続の流れ!申立てから面接調査、鑑定、審判までの期間は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  3. 成年後見 審判 確定 後見人になれる人

    成年後見の手続の流れ!審判で後見人になれる人は?確定までの期間と登記は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  4. 成年後見登記制度 登記されていないことの証明書

    成年後見登記制度とは?登記事項証明書の申請と手数料は?登記されていない証明は?

    成年後見制度では、ある人が制度を利用しているかどうかについて、第三者が知ることができるよう登記の制度…
  5. 成年後見 申立て 申立人 申立費用 必要書類

    成年後見の申立て準備!申立人(申立権者)、申立費用、必要書類は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  6. 成年後見人 報酬 基準 相場

    成年後見人の報酬付与申立ての方法は?申立書・事情説明書の書き方、基準、相場は?

    成年後見人等は、本人の権利や財産を守るため、療養監護や財産管理の事務を行った報酬を受け取ることができ…
  7. 後見人 仕事 いつまで

    成年後見人の仕事はいつまで?辞める場合の条件と手続は?解任もある?

    成年後見人等は、一旦選任されると、当初の目的を達成しても仕事を続けることになっており、仕事を終えるこ…
  8. 後見 保佐 補助 呼び方

    成年後見監督人とは?職務と報酬、選任手続は?

    本人の親族等が成年後見人等に選任された場合、家庭裁判所が成年後見監督人等(成年後見監督人、保佐監督人…
  9. 成年後見人 仕事

    成年後見人の仕事内容は?療養監護と財産管理、家庭裁判所への報告とは?

    成年後見制度では、本人の財産や権利を守るために、家庭裁判所が成年後見人等(成年後見人、保佐人、補助人…

Facebookページ

ページ上部へ戻る