MMSEとは?評価や解釈、認知症を疑う点数は?長谷川式との違いは?

認知症の診断に使用される検査の中で、長谷川式認知症スケールと並んで有名なのがMMSEです。

MMSEは、認知症専門医などが実際に認知症の診断に使用しており、海外でも広く使用されています。

この記事では、MMSEの概要、MMSEの内容、点数の見方(評価・解釈、認知症を疑う点数)、長谷川式認知症スケールとの違いについて解説します。

MMSEとは

MMSEとは、認知症のスクリーニング検査(認知症の疑いのある人を早期に発見し、早期のケアや治療につなげるための検査)の一つです。

「Mini Mental State Examination(ミニメンタルステート検査)」の頭文字をとってMMSEと呼ばれており、日本では、「精神状態短時間検査」と訳されることもあります。

MMSEは、認知症のスクリーニング検査として世界中に普及しており、各国で翻訳・翻案されて使用されています。

日本では、2006年にMMSE-J(Mini Mental State Examination)が作成されたことで普及し、長谷川式認知症スケールに次ぐ認知症のスクリーニング検査となっています。

MMSEの特徴

MMSEの一番の特徴は、10~15分という短い時間で実施し、認知症の疑いの判断までできることです。

また、11という少ない検査項目で、時間や場所の見当識、即時想起、短期記憶、空間認知など幅広い認知機能を検査することができます。

狭い場所でも検査を実施できるため、病院の診察室やベッドの傍などでも手軽に実施できることも特徴と言えます。

関連記事

認知症の診断基準と診断方法・テストは?何科を受診する?

MMSEの質問項目

MMSEは、11の検査から構成されており、各検査から以下の7つの認知機能を認知機能を評価することができます。

  1. 時間の見当識
  2. 場所の見当識
  3. 即時想起
  4. 注意と計算能力
  5. 遅延再生(短期記憶)
  6. 言語的能力
  7. 図形的能力(空間認知)

11の検査項目は、以下のとおりです。

  1. 時間の見当識
  2. 場所の見当識
  3. 即時想起
  4. 計算
  5. 遅延再生
  6. 物品呼称
  7. 文の復唱
  8. 口頭指示
  9. 書字指示
  10. 自発書字
  11. 図形模写

MMSEの動機づけ

認知機能検査はいずれも検査実施前の動機づけが重要であり、それはMMSEも同じです。

被験者が検査を受けようという気持ちになり、認知機能を総動員して取り組む姿勢で検査に臨まないと、認知機能を正しく評価することができません。

検査の実施前には医師が検査への動機づけを行いますが、家庭内や通院途中の家族の働きかけも大切です。

被験者が検査に拒否的な姿勢を示したときは、日を改めるのが原則です。

検査を実施したとしても、検査結果は参考程度に留めます。

1.時間の見当識(5点満点)

  • 「今日は何日ですか」
  • 「今日は何年ですか」
  • 「今の季節は何ですか」
  • 「今日は何曜日ですか」
  • 「今月は何月ですか」

正解が各1点、不正解は各0点です。

最初の質問で複数の項目を含む回答があった場合、解答された項目の質問は省略します。

例えば、平成30年5月15日に検査を実施し、「今日は何日ですか」という質問に「平成30年5月10日です」と回答があった場合について考えてみましょう。

年と月は正解しているので、「今日は何年ですか」、「今日は何月ですか」について各1点(合計2点)を与え、「今日は何日ですか」は不正解なので1点を与えます。

また、「今日は何年ですか」、「今日は何月ですか」という質問は省略します。

2.場所の見当識(5点満点)

  • 「ここは都道府県でいうと何ですか」
  • 「ここは何市(区・町・村など)ですか」
  • 「ここはどこですか」
  • 「ここは何階ですか」
  • 「ここは何地方ですか」

正解が各1点、不正解が各0点です。

「ここはどこですか」という質問で正解となるのは建物の名前だけで、その他は不正解です。

地名の回答があった場合は「この施設の名前は何ですか」と聞きなおします。

3.即時想起(3点満点)

「今から私がいう言葉を覚えて繰り返して言ってください」

「「うめ、いぬ、バス」はい、どうぞ」

「さくら、ねこ、電車」は、1秒に1単語ずつ言い、その後、被験者に繰り返させます。

被験者が正しく繰り返した単語の数が点数となります(正解1つにつき1点で3点満点)。

「今の言葉は、後で聞くので覚えておいてください」

6回を限度として、被験者が覚えられるまで繰り返します。

4.計算(5点満点)

「100から順番に7をくりかえしひいてください」

5回くりかえして7をひくおゆに指示します。

正解1つにつき1点を与え、5点満点です。

  • 100-7=93
  • 93-7=86
  • 86-7=79
  • 79-7=72
  • 72-7=65

5.遅延再生(3点満点)

「さっき私が言った3つの言葉は何でしたか」

「3.即時想起」で覚えるよう伝えた言葉を復唱させます。

正解は「うめ、いぬ、バス」です。

正解1つにつき1点を与え、3点満点です。

6.物品呼称(2点満点)

「これは何ですか?」

時計または鍵を見せながら、「これは何ですか?」と質問します。

正解1つにつき1点を与え、2点満点です。

7.文の復唱(1点満点)

「今から私がいう文を覚えて繰り返し言ってください」

「みんなで力を合わせて綱(つな)を引きます」

口頭で、ゆっくり、はっきりとした口調で伝え、被験者に繰り返させてください。

1回で正確に復唱できたときに1点を与えます。

8.口頭指示(3点満点)

「今から私がいう通りにしてください」

「右手にこの紙を持ってください。それを半分に折りたたんでください。そして私にください」

紙を被験者の前にある机に置いた状態で教示し、正しく行動できたときに1点ずつ与えます。

  • 右手にこの紙を持ってください:1点
  • それを半分に折りたたんでください:1点
  • そして私にください:1点

9.書字指示(1点満点)

「この文を読んで、この通りにしてください」

紙に書かれた文(目を閉じてください)のとおり目を閉じたときに1点を与えます。

被験者が音読しても黙読しても、正しく行動できていれば正解となります。

10.自発書字(1点)

「この部分に何か文章を書いてください。どんな文章でもかまいません」

被験者が意味のある文章を書けば1点を与えます。

意味のある文章であれば、2語文や状況を表す四字熟語でも正解としますが、名詞のみの場合は不正解です。

検査者が例文を口頭または文章で示すことは認められていません。

11.図形模写(1点)

「この図形を正確にそのまま書き写してください(上下逆さまの五角形2つが重なり合っている図形)」

被験者の書いた図形が、①2つの五角形が交差していることと、②図形の角が10個あることという要件を満たしていれば正解で1点を与えます。

手の震えなどにより描線が乱れていても、大きさが元の図形と違っていても、上記要件を満たせば正解です。

MMSEの評価(カットオフ値、認知症を疑う点数)

カットオフ値とは、検査の陽性と陰性を分ける値のことです。

MMSEは11の検査項目にそれぞれ点数が割り振られており、全て正解すると30点満点です。

MMSEのカットオフ値は以下のとおりです。

  • 30~27点以下:正常
  • 26~22点:軽度認知障害(MCI)の疑い
  • 21点以下:認知症の疑い

「軽度認知障害(MCI)の疑い」、「認知症の疑い」というのは、あくまで「疑い」であり、MMSEの検査結果だけで診断されることはありません。

認知症や軽度認知障害(MCI)の診断は、問診や他の検査の結果などを総合して慎重に行われます。

MMSEと長谷川式認知症スケールの違い

長谷川式認知症スケールとは、精神科医である長谷川和夫が開発した簡易知能検査であり、認知症のスクリーニング検査の一つです。

2004年、長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)から長谷川式認知症スケールに名称が改められています。

日本で一番使用されている認知症のスクリーニング検査です。

長谷川式認知症スケールは、医師の質問に被験者が口頭で答えるだけで検査することができるため、MMSE以上に場所を選ばず手軽に実施できます。

一方で、検査項目の違いにより、空間認知などは検査することができません。

関連記事

長谷川式認知症スケール(簡易知能評価スケール)とは?点数が何点以下で認知症?

ピックアップ記事

  1. 認知症 離婚
    配偶者が認知症になると、介護負担、経済的困窮、夫婦関係の変化、老後の不安など様々な課題や問題が生じる…
  2. 認知症かなと思ったら,気づく,ポイント,チェック
    認知症を根治させる方法は見つかっていませんが、症状の進行を遅らせたり、日常生活の支障を和らげたりする…
  3. 障害者手帳 精神障害者保健福祉手帳 認知症
    認知症の人は、障害者手帳を取得することができます。 障害者手帳を取得していると、税金の控除・減免、…
  4. 認知症は、高齢者だけの病気ではなく、若いうちから発症することがあります。 65歳未満で発症した認知…
  5. 認知症カフェ
    認知症を発症すると、日常生活の様々な場面で支障が出て不安や焦りが募り、孤立しがちです。 また、認知…
  6. 新オレンジプラン 認知症施策推進総合戦略
    厚生労働省は、65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人が2012年時点で約462万人おり、20…
  7. 認知機能の減衰
    軽度認知障害(MCI)は、認知症予備軍やグレーゾーンと呼ばれる状態です。 放置すると症状が進行して…
  8. 認知症による物忘れと加齢による物忘れ
    認知症の主な症状の一つである記憶障害(物忘れ)は、加齢による物忘れと混同されやすいものです。 しか…
  9. 認知症の中核症状と周辺症状
    認知症の症状は、中核症状と周辺症状の2種類に分類されます。 認知症の中核症状と周辺症状は、起こる原…
  10. 認知症 基礎知識
    最近、認知症という名前はよく見聞きするようになりました。 しかし、認知症がどのような病気なのか、何…

特集記事

  1. 遺産分割 認知症

    認知症と遺産分割!相続人に認知症の人がいると成年後見人が必要?

    遺産分割は、亡くなった人(被相続人)の財産を相続人に移す法律行為であり、相続人には意思能力が備わって…
  2. 成年後見 申立て 審判 鑑定

    成年後見の手続の流れ!申立てから面接調査、鑑定、審判までの期間は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  3. 成年後見 審判 確定 後見人になれる人

    成年後見の手続の流れ!審判で後見人になれる人は?確定までの期間と登記は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  4. 成年後見登記制度 登記されていないことの証明書

    成年後見登記制度とは?登記事項証明書の申請と手数料は?登記されていない証明は?

    成年後見制度では、ある人が制度を利用しているかどうかについて、第三者が知ることができるよう登記の制度…
  5. 成年後見 申立て 申立人 申立費用 必要書類

    成年後見の申立て準備!申立人(申立権者)、申立費用、必要書類は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  6. 成年後見人 報酬 基準 相場

    成年後見人の報酬付与申立ての方法は?申立書・事情説明書の書き方、基準、相場は?

    成年後見人等は、本人の権利や財産を守るため、療養監護や財産管理の事務を行った報酬を受け取ることができ…
  7. 後見人 仕事 いつまで

    成年後見人の仕事はいつまで?辞める場合の条件と手続は?解任もある?

    成年後見人等は、一旦選任されると、当初の目的を達成しても仕事を続けることになっており、仕事を終えるこ…
  8. 後見 保佐 補助 呼び方

    成年後見監督人とは?職務と報酬、選任手続は?

    本人の親族等が成年後見人等に選任された場合、家庭裁判所が成年後見監督人等(成年後見監督人、保佐監督人…
  9. 成年後見人 仕事

    成年後見人の仕事内容は?療養監護と財産管理、家庭裁判所への報告とは?

    成年後見制度では、本人の財産や権利を守るために、家庭裁判所が成年後見人等(成年後見人、保佐人、補助人…

Facebookページ

ページ上部へ戻る