成年被後見人の死亡による後見終了時の成年後見人の事務は?

成年被後見人が死亡すると、制度によって援助する対象がいなくなるので当然に後見が終了しますが、成年後見人には、本人の財産の清算と親族への引渡し、報酬の請求、家庭裁判所への報告など仕事が残っています。

この記事では、成年後見人の仕事はいつまで続くか、成年被後見人の死亡による後見終了時の成年後見人の事務について解説します。

成年後見人の仕事はいつまで続くか

通常、成年後見制度は、本人の不動産の処分、本人の施設入所契約や入院手続、遺産分割協議など、何らかの目的のために利用が検討され、家庭裁判所に申し立てられることが多いものです。

しかし、家庭裁判所の審判によって本人に後見が開始され、本人を援助する成年後見人が選任されると、申立てを行った当時の目的を達した後も成年後見人による後見事務は継続します。

成年後見人の仕事が終了するのは、以下の4つの場合のみです。

  • 成年被後見人の判断能力の回復
  • 成年後見人の辞任
  • 成年後見人の解任
  • 成年被後見人の死亡

成年被後見人の判断能力の回復

成年後見制度は、成年被後見人(本人)の判断能力が精神上の障害により不十分な場合に法律的に本人を保護・援助する制度です。

そのため、本人の判断能力が回復して法律的に保護・援助する必要がなくなった場合、家庭裁判所が後見開始の審判を取り消し、成年後見人もその役目を終えることになります。

通常、成年後見人や本人などから「後見開始の審判の取消し」を求める審判が申し立てられ、診断書など本人の判断能力が回復したことを示す客観的な資料が提出されることで、家庭裁判所が取り消すか否かの判断をします。

ただし、後見が開始されるのは、認知症、知的障害、精神障害など精神上の障害によって判断能力を欠く常況にある場合で、判断能力が低下前すると同じレベルまで回復することは稀です。

そのため、後見開始の審判が取り消されて保佐開始の審判がされるなど、法定後見制度の類型変更に留まるケースが多くなっています。

成年後見人の辞任

成年後見人は、家庭裁判所が審判で選任する公的な仕事であり、原則、本人が死亡するまで誠実に後見事務をこなすことが求められています。

しかし、正当な事由があり、家庭裁判所の許可したときは辞任することが認められています。

正当な事由の具体例は、以下のとおりです。

  • 成年後見人自身の判断能力の低下
  • 治療に長い期間を要する病気やケガ
  • 遠方への転居

つまり、成年後見人として本人の保護や援助を適切に行うことが難しい事情が生じたときには、家庭裁判所の許可を得て辞任することができるのです。

成年後見人を辞めるには、家庭裁判所に「成年後年人の辞任」の審判を申し立てると同時に、後任の成年後見人の候補者を探して「成年後見人の選任」の審判も申し立てなくてはなりません。

成年後見人の解任

家庭裁判所が、選任した成年後見人を解任することによっても、その仕事は終了します。

家庭裁判所が成年後見人を解任するのは、成年後見人に不正な行為、著しい不行跡、その他後見の任務に適さない事由がある場合です。

  • 不正な行為:本人の財産の横領など
  • 著しい不行跡:本人の財産の投機的運用による減少、本人に不利な契約など
  • その他後見の任務に適さない事由:ずさんな財産管理、職務懈怠など

家庭裁判所は、成年後見人を解任すると同時に後任を選任することにより、継ぎ目なく本人の財産や権利の保護に当たります。

本人の財産や権利が損害を受けたときは、後任の成年後見人に対して旧成年後見人に損害賠償請求をさせ、悪質な場合には業務上横領などで刑事告訴することもあります。

成年被後見人の死亡

通常、成年後見人の仕事が終了するのは、本人が死亡したときです。

本人死亡後の成年後見人の仕事については、以下の項で詳しく解説します。

関連記事

成年後見人の仕事はいつまで?辞める場合の条件と手続は?解任もある?

成年被後見人の死亡による後見終了時の成年後見人の事務

成年被後見人(本人)が死亡した後に成年後見人が行う後見事務は、以下のとおりです。

  1. 家庭裁判所へ報告(本人の死亡について)
  2. 後見終了登記の申請
  3. 本人財産の清算
  4. 報酬の受領
  5. 本人財産の相続人への引渡し
  6. 家庭裁判所への終了報告

1.家庭裁判所へ報告(本人の死亡について)

成年後見人は、本人が死亡したという情報に接した時点で、本人の死亡とその情報源を家庭裁判所に報告する必要があります。

その後、死亡診断書のコピー、死亡の記載のある戸籍謄本、除籍謄本を取得して、家庭裁判所に提出します。

2.後見終了登記の申請

家庭裁判所が後見開始の審判が確定すると、家庭裁判所が東京法務局の後見登記担当課へ後見登記の嘱託(依頼)をかけ、以下の情報が登記されます(後見登記)。

  • 後見等開始の審判:①家庭裁判所名、②事件番号、③審判の確定日、④登記年月日、⑤登記番号
  • 成年被後見人等:①氏名、②生年月日、③住所、④本籍
  • 成年後見人等:①氏名、②住所、③選任の審判確定日、④登記年月日、(⑤辞任の審判確定日、⑥解任の審判確定日)
  • 後見監督人等:①氏名、②住所、③選任の審判確定日、④登記年月日、(⑤辞任の審判確定日、⑥解任の審判確定日)

本人の死亡後は、成年後見人が東京法務局へ後見終了登記を申請しなければなりません。

登記申請書(終了の登記)に必要事項を記載し、本人の死亡の事実が記載された戸籍謄本や死亡診断書のコピーを添付して申請します。

なお、住民基本台帳ネットワークにより本人の死亡が確認できるときは添付資料が不要となりますが、確認できない場合に備えて準備しておくのが確実です。

3.本人財産の清算

管理していた本人の財産について、本人死亡後の収支や財産を確認して収支報告書や財産目録を作成します。

この後、親族への引渡しや家庭裁判所への報告を行う必要があるため、収支や財産に関する資料も整理しておきます。

4.報酬の受領

法律上、本人が死亡した時点で後見が終了し、成年後見人の権限はなくなるため、本人の死亡後、本人の財産から成年後見人の報酬を受け取る法的根拠はありません。

しかし、相続人に財産を引き渡した後に報酬を請求するのは手間がかかりますし、相続人に拒否されることもあります。

そのため、本人の財産を清算してから相続人に引き渡すまでの間に、家庭裁判所に相談した上で報酬を引き出すことが多くなっています。

5.本人財産の相続人への引渡し

清算手続終了後、相続人の代表者に会って本人の財産を引き渡します。

相続人の代表者に財産目録、収支報告書、財産関係資料を確認させ、財産(遺産)の内容を照合して、引継書に住所・氏名の記入と押印をさせた上で財産関係資料一式を引き渡します。

引継書の書式は、家庭裁判所への終了報告時の提出書類の一つなので、家庭裁判所ウェブサイトからダウンロードして引渡し期日に持参し、相続人に記載してもらいましょう。

なお、本人の相続人が複数人おり、相続人間で相続をめぐる対立がある場合は、原則、以下のとおり対応します。

  1. 事前に相続人全員に対して財産目録などを送付して内容を確認させる
  2. 財産の引渡し日時や場所を指定して相続人全員を呼び出す
  3. 出席した相続人全員の合意を得る
  4. 相続人間で代表者を決めさせ、その人に引継書を書かせて財産関係資料一式を引き渡す

相続人がいないときは、家庭裁判所に相続財産管理人の選任の審判を申し立てるなどの手続きを検討することになります。

5.家庭裁判所への終了報告

本人財産の清算、報酬受領、相続人への引渡しなどが終了した後、家庭裁判所に後見事務の終了報告を行います。

家庭裁判所への終了報告は、本人の死亡日から2ヶ月以内に、終了報告書などの書類を作成・収集して家庭裁判所に提出する方法により行います。

  • 後見等事務終了報告書
  • 引継書(相続人の代表者の住所・氏名が記載され、押印があるもの)
  • 財産目録
  • 財産目録記載の内容を証明する資料(預貯金通帳のコピー、不動産登記簿謄本、施設利用料の領収書など)
  • 死亡診断書のコピーまたは除籍謄本(死亡時に提出した場合は不要)

終了報告書と引継書は、家庭裁判所の窓口でもらうことができる他、裁判所のサイトからデータをダウンロードすることもできます。

関連記事

成年後見制度とは?わかりやすい説明と図で解説

ピックアップ記事

  1. 認知症 離婚
    配偶者が認知症になると、介護負担、経済的困窮、夫婦関係の変化、老後の不安など様々な課題や問題が生じる…
  2. 認知症かなと思ったら,気づく,ポイント,チェック
    認知症を根治させる方法は見つかっていませんが、症状の進行を遅らせたり、日常生活の支障を和らげたりする…
  3. 障害者手帳 精神障害者保健福祉手帳 認知症
    認知症の人は、障害者手帳を取得することができます。 障害者手帳を取得していると、税金の控除・減免、…
  4. 認知症は、高齢者だけの病気ではなく、若いうちから発症することがあります。 65歳未満で発症した認知…
  5. 認知症カフェ
    認知症を発症すると、日常生活の様々な場面で支障が出て不安や焦りが募り、孤立しがちです。 また、認知…
  6. 新オレンジプラン 認知症施策推進総合戦略
    厚生労働省は、65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人が2012年時点で約462万人おり、20…
  7. 認知機能の減衰
    軽度認知障害(MCI)は、認知症予備軍やグレーゾーンと呼ばれる状態です。 放置すると症状が進行して…
  8. 認知症による物忘れと加齢による物忘れ
    認知症の主な症状の一つである記憶障害(物忘れ)は、加齢による物忘れと混同されやすいものです。 しか…
  9. 認知症の中核症状と周辺症状
    認知症の症状は、中核症状と周辺症状の2種類に分類されます。 認知症の中核症状と周辺症状は、起こる原…
  10. 認知症 基礎知識
    最近、認知症という名前はよく見聞きするようになりました。 しかし、認知症がどのような病気なのか、何…

特集記事

  1. 遺産分割 認知症

    認知症と遺産分割!相続人に認知症の人がいると成年後見人が必要?

    遺産分割は、亡くなった人(被相続人)の財産を相続人に移す法律行為であり、相続人には意思能力が備わって…
  2. 成年後見 申立て 申立人 申立費用 必要書類

    成年後見の申立て準備!申立人(申立権者)、申立費用、必要書類は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  3. 成年後見 申立て 審判 鑑定

    成年後見の手続の流れ!申立てから面接調査、鑑定、審判までの期間は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  4. 成年後見 審判 確定 後見人になれる人

    成年後見の手続の流れ!審判で後見人になれる人は?確定までの期間と登記は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  5. 成年後見登記制度 登記されていないことの証明書

    成年後見登記制度とは?登記事項証明書の申請と手数料は?登記されていない証明は?

    成年後見制度では、ある人が制度を利用しているかどうかについて、第三者が知ることができるよう登記の制度…
  6. 成年後見人 報酬 基準 相場

    成年後見人の報酬付与申立ての方法は?申立書・事情説明書の書き方、基準、相場は?

    成年後見人等は、本人の権利や財産を守るため、療養監護や財産管理の事務を行った報酬を受け取ることができ…
  7. 後見人 仕事 いつまで

    成年後見人の仕事はいつまで?辞める場合の条件と手続は?解任もある?

    成年後見人等は、一旦選任されると、当初の目的を達成しても仕事を続けることになっており、仕事を終えるこ…
  8. 後見 保佐 補助 呼び方

    成年後見監督人とは?職務と報酬、選任手続は?

    本人の親族等が成年後見人等に選任された場合、家庭裁判所が成年後見監督人等(成年後見監督人、保佐監督人…
  9. 成年後見人 仕事

    成年後見人の仕事内容は?療養監護と財産管理、家庭裁判所への報告とは?

    成年後見制度では、本人の財産や権利を守るために、家庭裁判所が成年後見人等(成年後見人、保佐人、補助人…

Facebookページ

ページ上部へ戻る