後見制度支援信託とは?デメリットと報酬は?信託できる金融機関は?

成年後見制度を利用する本人の財産が多い場合、その財産の一部を信託銀行等に管理・運用させる場合があります。

これを後見制度支援信託といいます。

この記事では、後見制度支援信託制度のメリットとデメリット、報酬、信託契約締結までの流れ、信託できる金融機関について解説します。

後見制度支援信託制度とは

後見制度支援信託 イメージ

後見制度支援信託制度とは、2012年に開始された、後見制度によって支援を受ける本人の財産を適切に管理する仕組みです。

後見制度支援信託制度では、日常的な支払いに必要な財産は成年後見人が預貯金等で管理し、日常的に使用しない財産を信託銀行等に信託することにより、成年後見人が本人の財産を自由に使用できなくなります。

また、信託契約の締結・変更・解約など重要な手続については、家庭裁判所の指示書に基づいて行われるため、本人の財産を安全に管理できます。

後見制度支援信託が導入される経緯

2000年に成年後見制度が開始された当初は、本人の親族が成年後見人に選任されて財産管理や身上監護を行うのが一般的でしたが、成年後見人による本人の財産の使い込みなどの不正が次々に発覚しました。

そのため、本人の財産が多く管理が難しい場合や、親族間に争いがある場合などは、弁護士や司法書士などの専門職後見人が選任されるようになりましたが、将来的には専門職後見人の確保が難しくなると考えられるようになりました。

また、弁護士や司法書士など専門職の成年後見人による使い込みも発覚して大々的に報道され、成年後見人の不正が社会問題化して、後見制度に対する信頼が大きく揺らぎました。

こうした事態を受け、成年後見人による不正を防止するとともに、本人の財産管理を適切に行い、後見制度に対する信頼を取り戻すために開始されたのが、後見制度支援信託制度です。

後見制度支援信託制度の利用によって、本人の余剰財産を信託して成年後見人が管理する財産を減らし、後見事務の負担も軽減させることで、不正リスクを下げるとともに、親族を成年後見人に選任できるケースを増やすことが期待されています。

後見制度支援信託制度のメリットとデメリット

後見制度支援信託制度は、メリットばかりが注目されがちですが、利用を検討する場合はデメリットにも注意しておく必要があります。

後援制度支援信託のメリット

  • 本人の財産を信託銀行が管理
  • 元本保証
  • 預金保険制度の保護対象
  • 重要な手続には家庭裁判所が関わる

本人の財産を信託銀行が管理

後見制度支援信託制度を利用した場合、本人の財産のうち日常生活で使用しない余剰分を信託銀行等に信託して管理させるため、財産を安全に管理することができます。

また、本人の財産が多い場合、それを管理する成年後見人の事務負担を軽減することにもなります。

元本保証

元本保証とは、信託した財産(元本)が減らないことを、金融商品に保証することです。

後見制度支援信託制度では、信託銀行等に信託した財産は元本保証されており、元本割れのリスクがありません。

預金保険制度の保護対象

預金保険制度とは、金融機関が破たんした場合に預金を保護する制度です。

後見制度支援信託制度を利用する場合、信託財産は預金保険制度の保護対象となるため、信託銀行等が破たんしても本人の財産は保護されます。

重要な手続には家庭裁判所が関わる

信託銀行等が以下の手続を行うには、家庭裁判所の指示書が必要です。

  • 信託契約の締結・変更・解除
  • 定期交付金額の変更
  • 一時金の交付
  • 追加信託

信託に関する重要な手続については、家庭裁判所が必要性や相当性を踏まえて判断するため、本人の財産が安全に管理されます。

後見制度支援信託のデメリット

  • 信託できる財産は金銭のみ
  • 保佐類型、補助類型、任意後見では利用できない
  • 報酬が発生する
  • 手続に時間と手間がかかる

信託できる財産は金銭のみ

後見制度支援信託制度で信託銀行等に信託できる財産は、金銭のみです。

制度利用のために不動産を処分したり、有価証券を売却したりすることは想定されていません。

金銭以外の財産を処分して制度利用する場合は、事前に家庭裁判所に相談して許可を得る必要があります。

保佐類型、補助類型、任意後見では利用できない

後見制度支援信託制度の対象は、法定後見制度の後見類型(本人が後見開始の審判を受けた場合)です。

保佐類型、補助類型、任意後見制度では後見制度支援信託を利用することができません。

(※未成年後見制度では制度利用ができますが、記事内容と関係がないため割愛しています。)

報酬が発生する

後見制度支援信託制度を利用する場合、信託契約の締結に関わった専門職後見人に対する報酬と、信託銀行等への報酬を、本人の財産の中から支払うことになります。

信託銀行等への報酬には管理報酬と運用報酬の2種類があり、銀行等によって報酬が必要かどうかや金額が異なります。

手続に時間と手間がかかる

信託銀行等と信託契約を締結した後は、信託財産については成年後見人であっても自由に使用できなくなります。

また、契約の変更や解約、金銭の支出などに家庭裁判所の判断が入ることになり、手続きに時間と手間がかかります。

後見制度支援信託の利用手続

後見制度支援信託を利用する場合の手続の流れは、以下のとおりです。

後見制度支援信託 手続 流れ

申立て準備から審判まで

後見制度支援信託を利用するには、家庭裁判所に後見開始の審判を申し立て、審判で本人について後見が開始される必要があります。

家庭裁判所は、成年後見の申立てがあると、申立時に提出された書類の審査、申立人や本人との面接調査、親族照会、鑑定などを行います。

その上で、後見制度支援信託の利用が相当だと判断した場合には、審判で本人について後見を開始するとともに、専門職後見人を選任します。

なお、後見開始の時点で専門職後見人と親族後見人が選任されることもあります。

成年後見の申立て準備から審理、審判の流れについては、関連記事で詳しく解説しています。

関連記事

成年後見の手続の流れ!審判で後見人になれる人は?確定までの期間と登記は?

審判から信託契約締結まで

家庭裁判所が本人について後見を開始し、専門職後見人が選任された後は、専門職後見人が後見制度支援信託の手続を進めます。

後見制度支援信託の利用を検討

家庭裁判所は、審理の段階で、申立人等が提出した本人の財産や収支状況に関する資料等を確認し、後見制度支援信託制度が利用できると判断した上で、専門職後見人を選任します。

しかし、実際に専門職後見人が本人の財産や収支状況を調査した結果、多額の借金の存在が発覚する、収支がマイナスで間もなく財産が底をつく見込みであるなど、制度利用が難しいまたは不適当な事情が明らかになることがあります。

こうした場合は、家庭裁判所に事情を報告すると、家庭裁判所が本人に制度を利用させるかどうか再検討します。

信託契約利用を家庭裁判所へ報告

専門職後見人が本人の財産や収支状況を調査した結果、本人の財産管理のために後見制度支援信託の利用が適当だと判断した場合、家庭裁判所へ報告書を提出します。

家庭裁判所へ報告する内容は、以下のとおりです。

  • 信託銀行等へ信託する預貯金の額
  • 本人の日常的な支払いに必要十分な預貯金の額(収支状況を踏まえて設定)
  • その他の事情により信託しない預貯金の額

家庭裁判所が指示書を発行

家庭裁判所は、専門職後見人の報告書を確認し、後見制度支援信託の利用が適当だと判断した場合、指示書を発行します。

指示書とは、後見制度支援信託を利用して信託銀行等と信託契約を結ぶために必要な書面です。

信託契約締結

専門職後見人は、信託銀行等に必要書類と家庭裁判所の指示書を提出し、信託契約を結びます。

専門職後見人が辞任、親族後見人が後見事務を引き継ぐ

通常、信託銀行等と信託契約を締結すると、成年後見人が管理できる本人の預貯金は、本人の日常的な支払いに関するものだけになり、報酬が必要な専門職後見人を選任しておく必要性がなくなります。

そのため、家庭裁判所は、専門職後見人を辞任させ、親族後見人を選任して後見事務を引き継がせます。

ただし、預貯金以外の財産が多く、それらの財産からの収入がある場合などは、引き続き専門職後見人が後見事務を続けることもあります。

なお、後見開始時点で専門職後見人と親族後見人が選任されている場合は、専門職後見人の辞任のみとなります。

専門職後見人への報酬付与

専門職後見人は、辞任する段階で報酬付与を申し立て、家庭裁判所が決定した金額を本人の財産から支出することができます。

信託銀行等と信託契約を結ぶときに報酬金額を考慮しておかないと、報酬を支出した結果、本人の日常的な支出に充てる預貯金が不足する事態に陥る可能性があります。

後見制度支援信託を利用できる信託銀行等

2017年時点で後見制度支援信託制度で利用できる信託商品を取り扱っている信託銀行等は、以下のとおりです。

  • 三井住友信託銀行
  • みずほ信託銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • りそな銀行
  • 千葉銀行
  • 中国銀行

それぞれ、最低受託額、信託報酬、予定配当率、解約手数利用などが異なるため、事前に確認しておく必要があります。

関連記事

成年後見制度とは?わかりやすい説明と図で解説

ピックアップ記事

  1. 認知症 離婚
    配偶者が認知症になると、介護負担、経済的困窮、夫婦関係の変化、老後の不安など様々な課題や問題が生じる…
  2. 認知症かなと思ったら,気づく,ポイント,チェック
    認知症を根治させる方法は見つかっていませんが、症状の進行を遅らせたり、日常生活の支障を和らげたりする…
  3. 障害者手帳 精神障害者保健福祉手帳 認知症
    認知症の人は、障害者手帳を取得することができます。 障害者手帳を取得していると、税金の控除・減免、…
  4. 認知症は、高齢者だけの病気ではなく、若いうちから発症することがあります。 65歳未満で発症した認知…
  5. 認知症カフェ
    認知症を発症すると、日常生活の様々な場面で支障が出て不安や焦りが募り、孤立しがちです。 また、認知…
  6. 新オレンジプラン 認知症施策推進総合戦略
    厚生労働省は、65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人が2012年時点で約462万人おり、20…
  7. 認知機能の減衰
    軽度認知障害(MCI)は、認知症予備軍やグレーゾーンと呼ばれる状態です。 放置すると症状が進行して…
  8. 認知症による物忘れと加齢による物忘れ
    認知症の主な症状の一つである記憶障害(物忘れ)は、加齢による物忘れと混同されやすいものです。 しか…
  9. 認知症の中核症状と周辺症状
    認知症の症状は、中核症状と周辺症状の2種類に分類されます。 認知症の中核症状と周辺症状は、起こる原…
  10. 認知症 基礎知識
    最近、認知症という名前はよく見聞きするようになりました。 しかし、認知症がどのような病気なのか、何…

特集記事

  1. 遺産分割 認知症

    認知症と遺産分割!相続人に認知症の人がいると成年後見人が必要?

    遺産分割は、亡くなった人(被相続人)の財産を相続人に移す法律行為であり、相続人には意思能力が備わって…
  2. 成年後見 申立て 審判 鑑定

    成年後見の手続の流れ!申立てから面接調査、鑑定、審判までの期間は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  3. 成年後見 審判 確定 後見人になれる人

    成年後見の手続の流れ!審判で後見人になれる人は?確定までの期間と登記は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  4. 成年後見登記制度 登記されていないことの証明書

    成年後見登記制度とは?登記事項証明書の申請と手数料は?登記されていない証明は?

    成年後見制度では、ある人が制度を利用しているかどうかについて、第三者が知ることができるよう登記の制度…
  5. 成年後見 申立て 申立人 申立費用 必要書類

    成年後見の申立て準備!申立人(申立権者)、申立費用、必要書類は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  6. 成年後見人 報酬 基準 相場

    成年後見人の報酬付与申立ての方法は?申立書・事情説明書の書き方、基準、相場は?

    成年後見人等は、本人の権利や財産を守るため、療養監護や財産管理の事務を行った報酬を受け取ることができ…
  7. 後見人 仕事 いつまで

    成年後見人の仕事はいつまで?辞める場合の条件と手続は?解任もある?

    成年後見人等は、一旦選任されると、当初の目的を達成しても仕事を続けることになっており、仕事を終えるこ…
  8. 後見 保佐 補助 呼び方

    成年後見監督人とは?職務と報酬、選任手続は?

    本人の親族等が成年後見人等に選任された場合、家庭裁判所が成年後見監督人等(成年後見監督人、保佐監督人…
  9. 成年後見人 仕事

    成年後見人の仕事内容は?療養監護と財産管理、家庭裁判所への報告とは?

    成年後見制度では、本人の財産や権利を守るために、家庭裁判所が成年後見人等(成年後見人、保佐人、補助人…

Facebookページ

ページ上部へ戻る