認知症介護実践者研修とは?内容と課題は?認知症加算の対象?

高齢化に伴って認知症患者の介護の需要が高まる中で、介護者に対する様々な研修が企画、運営されるようになっています。

認知症介護実践者研修は、認知症介護に携わる人に対する研修の一つで、介護実務者やその指導者などを対象とした実践的な研修です。

この記事では、認知症患者数の推移、認知症介護実践者研修の概要、内容、課題について解説します。

認知症患者数の推移

厚生労働省は、認知症を発症している65歳以上の高齢者は、2012年時点で推計約462万人おり、2025年には700万人を超えると発表しています。

認知症予備軍と言われている軽度認知障害(MCI)の人も、2012年時点の約400万人から2025年には約600万人に増加すると推計されています。

つまり、2025年には、認知症の人と軽度認知障害(MCI)の人が合わせて1300万人に増加するということです。

また、2025年における日本の将来推計人口が1億2066万人(うち65歳以上が3698万人)なので、大まかに言って、日本人の10人に1人(65歳以上の3人に1人)が認知症の人または軽度認知障害(MCI)の人という計算になります。

関連記事

認知症とは?原因と種類、症状、対応は?認知症のテストと予防は?

認知症介護実践者研修とは

認知症介護実践者研修とは、都道府県が実施する認知症介護に関する研修です。

認知症介護実践者研修は、認知症介護技術の向上と認知症高齢者に対する介護サービスの充実を目的としており、認知症高齢者介護の現場で働く人などを対象として、認知症介護に関する実践的な研修を実施して認知症介護の専門職員の養成することにより、目的達成を目指しています。

認知症患者数の急激な増加が予測され、認知症高齢者介護の需要がますます高まっていく中で、重要な役割を担っている研修です。

実施機関

各都道府県が指定する社会福祉法人や公益財団法人などです。

研修の内容、日時、場所、参加条件、費用などは各都道府県のホームページなどに掲載されていますが、実際に研修を行うのは、認知症介護の実績を持つ社会福祉法人などです。

認知症介護実践者研修の内容

認知症介護実践者研修の内容は、各都道府県やそこから指定された社会福祉法人などによって異なるため、一般的な内容について解説します。

対象者(受講条件)

研修を受ける時点で認知症介護の現場で働いている介護職員です。

東京都の受講条件は、以下のとおりです。

  1. 認知症介護に関して、介護福祉士と同等の知識を習得していること
  2. 原則として、認知症高齢者の介護に関する経験が2年程度以上あること
  3. 各施設・事業所において介護・看護のチームリーダー(主任・副主任・ユニットリーダーなど)の立場にあるか、近い将来そうなることが具体的に予定されていること

引用:東京都認知症介護研修の概要|東京都福祉保健局

研修参加希望者は、受講条件を満たすことに加え、勤務先の介護施設等から推薦をもらう必要があります。

また、研修には決められた期間の全日程に参加しなければならないため、勤務先の繁忙度やシフト調整なども欠かせません。

受講料

都道府県によって異なります。

東京都では無料ですが、受講料やテキスト代を徴収する都道府県もあります。

実施回数

都道府県によって異なります。

東京都は年間20回開催されていますが、年に数回程度の都道府県も少なくありません。

1回の研修の定員

都道府県によって異なります。

東京都は80人ですが、少人数で実施しているところもあれば、定員を明示していないところもあります。

参加希望者が多い場合は、抽選によって参加者が選ばれます。

研修日程

東京都では、合計6日間の講義・演習に加え、2週間の自施設実習がプログラムに組み込まれています。

研修の日数は都道府県によって異なりますが、講義・演習と自施設実習がセットになっているところはどの都道府県も共通しています。

遅刻や欠席は認められておらず、全日程にすべて出席しなければなりません。

研修の内容

研修で行われる講義や演習の内容は、各都道府県や実施団体によって差はありますが、主な内容は以下のとおりです。

  • 認知症ケアの基本的視点と理念
  • 認知症ケアの倫理
  • 認知症の人の理解と対応
  • 認知症の人の家族への支援方法
  • 認知症の人の権利擁護
  • 認知症の人の生活環境づくり
  • 地域資源の理解とケアへの活用
  • 認知症の人のコミュニケーションの理解と方法
  • 認知症の人への非薬物的介入
  • 認知症の人への介護技術(食事、入浴、排せつ、行動、心理症状)
  • アセスメントとケアの実践の基本
  • 生活の質(QOL)の保障とリスクマネジメント
  • 自施設における実習の課題設定
  • 自施設におけるアセスメントとケアの実践

認知症介護実践者研修のメリット

認知症介護実践者研修を受講することによるメリットは、以下のとおりです。

  • 認知症ケアの知識や技術が向上する
  • キャリアアップにつながる
  • より高度な研修の参加資格が得られる

認知症ケアの知識や技術が向上する

認知症ケアの最前線で活躍している人の多くは、一定程度の知識と技術を持ち合わせており、それらを駆使して認知症ケアに従事しています。

しかし、実務の中で習得した知識や技術を整理しないままでいると、ケアの方法が個人技になったり、部下への指導も感覚的になったりしがちです。

認知症介護実践者研修を受講することで、自身の知識や技術を整理されるため、得意分野を再確認できるとともに、不得意分野や未知の分野に目を向けることができます。

キャリアアップにつながる

認知症介護実践者研修は認知症に関する公的な研修であり、介護の現場で役立つ実践的な知識や技術を身につけることができる研修です。

そのため、研修に参加して終了することで勤務先から評価され、キャリアアップにつながります。

また、履歴書に研修を修了したことを記載すれば、転職時などにも評価されます。

認知症に関する民間資格はたくさんありますが、それらの資格よりも実践的な認知症ケアの知識や技術を持っていると評価される傾向にあります。

より高度な研修の参加資格が得られる

認知症に関する研修には、認知症介護実践者研修の終了を条件としている研修が複数あります。

  • 認知症介護実践リーダー研修:認知症介護の現場でリーダーとして活躍する人材の養成を目的とする研修
  • 認知症対応型サービス事業管理者研修:認知症対応型サービス事業所の管理者に対して、事業運営に必要な知識や技術を習得させるための研修
  • 小規模多機能型サービス等計画作成担当者研修:小規模卯多機能型居宅介護事業所の計画作成担当者に対して、必要な知識や技術を習得させるための研修

いずれも、認知症介護の現場のリーダーや事業所の管理者など、認知症介護の要職に就いている人を対象とした研修であり、さらなるキャリアアップの道が開けます。

認知症介護実践者研修の課題

認知症介護実践者研修は、申し込みの方法、年間実施回数、日程、内容、費用、研修後の自施設実習の内容など研修全般について、各都道府県によって差があります。

そのため、「認知症介護実践者研修」を終了した人同士でも知識や技術に大きな差があり、また、修了者のレベルの地域格差も小さくありません。

また、ほとんどの都道府県において、研修への全日程参加が求められており、子育て世代や繁忙な職場に勤める人が研修参加へのモチベーションを持ちにくい状況があります。

また、研修終了後にキャリアアップの道は開けますが、必ずしも賃金アップにつながらないことも課題とされています。

関連記事

新オレンジプランとは?7つの柱の概要と厚生労働省の目標、改定内容は?

ピックアップ記事

  1. 認知症 離婚
    配偶者が認知症になると、介護負担、経済的困窮、夫婦関係の変化、老後の不安など様々な課題や問題が生じる…
  2. 認知症かなと思ったら,気づく,ポイント,チェック
    認知症を根治させる方法は見つかっていませんが、症状の進行を遅らせたり、日常生活の支障を和らげたりする…
  3. 障害者手帳 精神障害者保健福祉手帳 認知症
    認知症の人は、障害者手帳を取得することができます。 障害者手帳を取得していると、税金の控除・減免、…
  4. 認知症は、高齢者だけの病気ではなく、若いうちから発症することがあります。 65歳未満で発症した認知…
  5. 認知症カフェ
    認知症を発症すると、日常生活の様々な場面で支障が出て不安や焦りが募り、孤立しがちです。 また、認知…
  6. 新オレンジプラン 認知症施策推進総合戦略
    厚生労働省は、65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人が2012年時点で約462万人おり、20…
  7. 認知機能の減衰
    軽度認知障害(MCI)は、認知症予備軍やグレーゾーンと呼ばれる状態です。 放置すると症状が進行して…
  8. 認知症による物忘れと加齢による物忘れ
    認知症の主な症状の一つである記憶障害(物忘れ)は、加齢による物忘れと混同されやすいものです。 しか…
  9. 認知症の中核症状と周辺症状
    認知症の症状は、中核症状と周辺症状の2種類に分類されます。 認知症の中核症状と周辺症状は、起こる原…
  10. 認知症 基礎知識
    最近、認知症という名前はよく見聞きするようになりました。 しかし、認知症がどのような病気なのか、何…

特集記事

  1. 遺産分割 認知症

    認知症と遺産分割!相続人に認知症の人がいると成年後見人が必要?

    遺産分割は、亡くなった人(被相続人)の財産を相続人に移す法律行為であり、相続人には意思能力が備わって…
  2. 成年後見 申立て 審判 鑑定

    成年後見の手続の流れ!申立てから面接調査、鑑定、審判までの期間は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  3. 成年後見 審判 確定 後見人になれる人

    成年後見の手続の流れ!審判で後見人になれる人は?確定までの期間と登記は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  4. 成年後見登記制度 登記されていないことの証明書

    成年後見登記制度とは?登記事項証明書の申請と手数料は?登記されていない証明は?

    成年後見制度では、ある人が制度を利用しているかどうかについて、第三者が知ることができるよう登記の制度…
  5. 成年後見 申立て 申立人 申立費用 必要書類

    成年後見の申立て準備!申立人(申立権者)、申立費用、必要書類は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  6. 成年後見人 報酬 基準 相場

    成年後見人の報酬付与申立ての方法は?申立書・事情説明書の書き方、基準、相場は?

    成年後見人等は、本人の権利や財産を守るため、療養監護や財産管理の事務を行った報酬を受け取ることができ…
  7. 後見人 仕事 いつまで

    成年後見人の仕事はいつまで?辞める場合の条件と手続は?解任もある?

    成年後見人等は、一旦選任されると、当初の目的を達成しても仕事を続けることになっており、仕事を終えるこ…
  8. 後見 保佐 補助 呼び方

    成年後見監督人とは?職務と報酬、選任手続は?

    本人の親族等が成年後見人等に選任された場合、家庭裁判所が成年後見監督人等(成年後見監督人、保佐監督人…
  9. 成年後見人 仕事

    成年後見人の仕事内容は?療養監護と財産管理、家庭裁判所への報告とは?

    成年後見制度では、本人の財産や権利を守るために、家庭裁判所が成年後見人等(成年後見人、保佐人、補助人…

Facebookページ

ページ上部へ戻る