認知症による徘徊とは?原因と対策は?防止策はGPSや薬?

徘徊は、認知症の代表的な症状の一つです。

認知症の徘徊は、ケガや事故、行方不明になるリスクが高く、最悪の場合は命を落としてしまうこともあります。

また、保護されるなどして帰宅した後も症状が治まらず、家族の制止も聞かずに徘徊を続けることが多く、家族にとっては対応が難しいものです。

この記事では、認知症による徘徊の概要、原因、防止策について解説します。

認知症による徘徊とは

認知症の徘徊とは、家の中や外をうろうろと歩き回ることです。

認知症の症状には中核症状と周辺症状(BPSD)があり、徘徊は周辺症状(BPSD)の一つです。

認知症の中核症状

中核症状とは、脳細胞が壊れることによる、ほとんどの認知症患者に見られる症状です。

中核症状には記憶障害、見当識障害、理解や判断力の障害、実行機能障害、失行・失語・失認識などがあり、時間の経過とともに、日常生活に必要な認知機能の多くが低下していきます。

認知症の周辺症状(BPSD)

周辺症状とは、認知症の中核症状に、本人の性格、生活歴、環境などが絡み合って生じる諸症状のことです。

英語表記「Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia」の頭文字をとってBPSDと呼ばれることもあります。

周辺症状には幻覚、抑うつ、せん妄、暴言・暴力、無気力、睡眠障害、介護の拒否などがあり、どの症状が現れるかは人によって異なります。

一般的に、本人を介護する家族にとっては、中核症状よりも周辺症状の方がストレスを感じやすい傾向があります。

関連記事

認知症の症状は?中核症状と周辺症状(BPSD)の違いと関係は?

認知症による徘徊の特徴

徘徊をしている本人は、明確な目的を持って徘徊していることが多いものです。

例えば、近くのスーパーへ買い物に行く、失くした物を探し物を探す、畑に行く、実家に帰るなど、本人なりの目的を持っています。

家族など他人からは「あてもなくうろついている」ように見えても、本人にとっては重要な意味を持った行動なのです。

そのため、事故に遭ってケガをする、何日も徘徊して体調を崩す、見知らぬ土地で保護されるなどしても、諦めずに何度も徘徊を繰り返します。

しかし、何百キロも離れた実家に歩いて帰ろうとする、すでに無くなった畑の場所を探し回るなど実現不可能な目的を持って徘徊することが多く、目的が達成されることはほとんどありません。

また、症状が進んでいると、本人なりに目的を持って徘徊した形跡はあるものの、本人がうまく言語化できないこともあります。

認知症による徘徊の危険性

認知症による徘徊には、様々な危険が伴います。

例えば、認知症の症状が進んで周囲への注意力が低下すると、車が行き来する道路を横断したり、バーが降りている状態の踏切り内に進入したりして事故に遭うリスクがあります。

その他、夏場の脱水や熱中症、冬場の低体温症、転倒や衝突によるケガ、何日も歩き続けることによる栄養失調や疲労などのリスクも高くなっています。

警察や一般市民に保護されたとしても、自分の名前、年齢、住所、連絡先などを答えられず、どこの誰なのかを特定されないことも少なくありません。

保護されないまま行方不明になり、亡くなった後に発見されたり、発見されないままになったりする人も後を絶ちません。

警察庁生活安全局生活安全企画課が平成29年6月に発表した「平成28年における行方不明者の状況」では、平成28年に警察に行方不明者届が出された人のうち、認知症または認知症疑いの人の数は15、432人にのぼっています。

認知症による徘徊の原因

認知症による徘徊の主な原因は、以下のとおりです。

  • 記憶障害
  • 見当識障害
  • 不安やストレス
  • 前頭側頭型認知症の常同行動

徘徊の原因:記憶障害

認知症による記憶障害では、まず、直近の出来事に対する記憶が障害されます。

新しい経験を記銘(脳にインプットすること)できなくなるのです。

加齢による物忘れの場合は、経験したことの一部を忘れるため、「思い出せないことを自覚」しています。

しかし、認知症による記憶障害の場合は、経験そのものを忘れてしまうため、ヒントやきっかけを与えても思い出すことができません。

具体的にいうと、前日に出かけた場所の名前が思い出せないのが加齢による物忘れで、前日に出かけたこと自体を忘れるのが認知症による記憶障害です。

症状が進行すると、過去の記憶も失われていき、過去と現実の区別もつけることができなくなっていきます。

記憶障害の影響で、家を出た時は何らかの目的を持っていても、歩いているうちに目的を忘れて徘徊に至ることがあります。

徘徊の原因:見当識障害

見当識障害とは、自分の状態や自分が置かれた状況(周囲の人、時間、物など)を認識する能力が障害された状態のことです。

見当識が障害されると、「自分が今いる場所はどこなのか。」、「今日は何年何月何日の何曜日なのか。」、「季節は何なのか。」、「目の前にいる人は誰なのか。」などが分からなくなります。

例えば、何らかの目的を持って家を出た後、自分のいる場所が分からなくなって徘徊を始めることがあります。

徘徊の原因:理解力・判断力の障害

認知症になると、物事や状況を正しく理解し、適切に判断する能力が低下します。

そのため、外出した目的を忘れたり、今いる場所が分からなくなったりしても、一般市民に道を尋ねる、警察の保護してもらうなどの適切な判断ができず、徘徊を続けてしまうのです。

徘徊の原因:不安やストレス

認知症の人は、漠然とした不安を常に抱えています。

特に、転居や施設入所などで生活環境が一変すると強い不安やストレスを感じ、前に住んでいた場所に戻ろうとして徘徊を始めることがあります。

変更後の生活環境が本人にとって居心地の良いものであれば徘徊は起きにくいですが、人間関係、生活習慣、住む場所の間取りの変化などに不安やストレスを感じることが多いものです。

徘徊の原因:前頭側頭型認知症の常同行動

前頭側頭型認知症とは、前頭葉や側頭葉を中心に神経変性・萎縮をきたす病気(前頭側頭葉変性症)を原因とする認知症です。

伝統側頭型認知症の症状の一つに、「毎日、決まったコースを散歩する。」、「毎日、決まった時間に決まった行動をする。」など同じ行動を繰り返す常同行動があります。

同じ行動を繰り返すため、通常、今いる場所や帰り道が分からなくなることは少ないですが、悪天候で道を見失うなどして帰宅できなくなるケースがあります。

また、注意力が低下しており、自己やケガのリスクは高くなっています。

認知症による徘徊を防止する対策

認知症による徘徊を防止する主な対策は、以下のとおりです。

  • 運動させる
  • 徘徊に同行する
  • 玄関から出られないようにする
  • デイサービスを利用する
  • 自治体のサービスを利用する
  • GPSを利用する
  • 服や所持品に名前と連絡先を書いておく
  • 警察や地域住民に本人の状態を伝えておく

徘徊を防止する対策:運動させる

夜間の徘徊の予防に有効なのは、家族の目の届くところで、無理のない範囲で本人に適度な運動をさせることです。

身体を動かして疲れを感じると、夜間に徘徊せずぐっすり眠ってくれるようになります。

運動の内容については、本人の体力や身体の状態に配慮することに加え、趣味志向や職歴などを踏まえて本人が自発的に取り組みやすいことを選ぶのがポイントです。

また、全てお膳立てしてあげるのではなく、本人に役割を与えて達成できた時に褒めることで、本人は「自分が大切にされている」、「自分の居場所はここだ。」と感じ、不安やストレスを和らげることができます。

徘徊を防止する対策:徘徊に同行する

本人が徘徊を開始したら、本人に目的を聞いて受容的に受け止め、本人が望むままに歩かせてあげて、一緒についていくことも一つの方法です。

本人としては思い通りに行動することで気持ちが落ち着き、家族としても本人を見守ることができ、「今日はこの辺にしておこうか。」、「そっちじゃないよ。」などと方向付けることもできます。

ただし、徘徊への動向は時間と労力がかかるので、家事などの状況を見ながら無理なくできる範囲にしておきましょう。

徘徊を防止する対策:玄関から出られないようにする

物理的に徘徊を防止するには、玄関から家の外に出られないよう工夫する方法もあります。

例えば、玄関のカギを付け替えて本人の知らない場所でカギを保管する、本人の手の届かない場所にカギを設置する、ドアの前に柵や荷物を置くなどの方法が考えられます。

また、本人の外出を把握するために、誰かが玄関を通るとブザーやベルが鳴る仕組みを設置する方法もあります。

玄関から外出できないと分かると、裏口や窓から出ようとすることもあるため、玄関以外の対策も必要です。

徘徊を防止する方法:デイサービスを利用する

徘徊の症状がある本人の行動に24時間注意を払うことは不可能です。

家族が仕事などで家を空ける時間帯については、デイサービスを利用する方法があります。

デイサービス利用中は、介護の専門家が本人の行動を見ていてくれますし、施設内のレクリエーションで適度に身体を動かすことで、帰宅後は落ち着いて過ごせるようになることもあります。

徘徊を防止する方法:自治体のサービスを利用する

徘徊をする人を地域で見守るネットワークの構築を進めている自治体が増えています。

例えば、事前登録しておくことで、徘徊を始めた本人を探してくれるサービスを整備している自治体があります。

ただし、発展途上のサービスなので、住んでいる地域でどのようなサービスを利用できるのか確認しておく必要があります。

徘徊を防止する方法:GPSを利用する

GPSとは、人工衛星を利用して、地球上に存在する人や物の場所を知ることができるシステムのことです。

英語表記の「Global Positioning System」の頭文字をとっており、カーナビやスマホなど幅広い分野で活用されています。

本人が徘徊を繰り返す場合は、服、靴、所持品などにGPS端末を入れておくことで、本人の姿が見えなくなっても徘徊している場所を把握することができます。

GPS端末を持ち歩くことを嫌がる場合は、服や所持品に縫い込んでおく、靴底などに仕込んでおくなど、本人に気づかれないよう利用することも検討します。

いつもとは違う服や靴、カバンなどを使用した場合に備え、複数の端末を準備しておくとより安心です。

徘徊を防止する方法:服や所持品に名前と連絡先を書いておく

認知症の症状が進行すると、自分の名前、住んでいる場所、連絡先などを正確に伝えることが困難になります。

本人の服、靴、所持品などに本人の名前、住んでいる場所、連絡先などを記入しておくことで、徘徊中に保護された場合に家まで送り届けてもらえる確率が高くなります。

テープではすぐ剥がれてしまうので、縫い付けるまたは接着剤を使用しておくのが安心です。

徘徊を防止する対策:警察や地域住民に本人の状態を伝えておく

実際に本人がいなくなった時に頼ることができるのは、家族以外では警察や地域に住んでいる人です。

少なくとも、近くの交番、地域の民生委員、自治会長、隣近所の住民には本人の状態を伝えておき、本人を見かけたら連絡するよう依頼しておくと安心です。

伝えておきたい具体的な内容は、氏名、身長、髪形や髪色、普段の服装などです。

徘徊が見られる認知症の人への接し方

徘徊は、介護する家族にとっては大きなストレスになります。

しかし、頭ごなしに叱りつけたり行動を制限したりすると、本人に不安やストレスを与えてしまい、かえって徘徊の症状が悪化することがあります。

徘徊が見られる認知症の人には、以下の内容を意識して接してあげることが大切です。

頭ごなしに叱らない

認知症の人は、直近の出来事を記憶することができないため、怒られたことはすぐ忘れてしまいます。

しかし、怒られた時に感じた恐怖や不満は感覚として残ることが知られています。

家族から頭ごなしに叱られて恐怖や不満を感じると、家庭に居心地の悪さを抱くようになり、徘徊を悪化させるリスクがあります。

「この家に私の居場所はない。」、「昔、住んでいた居心地の良い家に帰りたい。」などと思い、徘徊を繰り返すようになることがあるのです。

徘徊を繰り返す本人に対するストレスはとても大きいものですが、本人の前ではこらえ、冷静に対応することが大切です。

徘徊する理由を聞いて受容する

徘徊には本人なりの理由があります。

本人が徘徊する理由を聞いて真剣に耳を傾け、受け入れてあげることも大切です。

客観的に見ると不合理な理由でも、本人にとっては重要度が高いものなので、詳しく聞き取って徘徊の原因を探ってみましょう。

徘徊の原因が大まかにでもわかれば、対策もとりやすくなります。

例えば、徘徊の理由が家庭や家族に対する不安や不満だと推察される場合は、家庭の雰囲気や本人への接し方を変えるなどの対応を検討することができます。

本人が話す徘徊の理由を否定すると、心を閉ざしてより一層徘徊を繰り返す可能性があるので注意してください。

徘徊以外のことに注意を向ける

徘徊を止めたい場合は、本人の注意を徘徊以外のことに向けてあげましょう。

徘徊以外のことに注意が向けば、徘徊していたことを忘れて素直に帰宅してくれることがあります。

例えば、徘徊中の本人に対し、「そろそろ晩御飯ですよ。一緒に帰って食べませんか。」、「一緒に買い物して帰りましょうか。」など話しかけてみると良いでしょう。

関連記事

認知症とは?原因と種類、症状、対応は?認知症のテストと予防は?

ピックアップ記事

  1. 認知症 離婚
    配偶者が認知症になると、介護負担、経済的困窮、夫婦関係の変化、老後の不安など様々な課題や問題が生じる…
  2. 認知症かなと思ったら,気づく,ポイント,チェック
    認知症を根治させる方法は見つかっていませんが、症状の進行を遅らせたり、日常生活の支障を和らげたりする…
  3. 障害者手帳 精神障害者保健福祉手帳 認知症
    認知症の人は、障害者手帳を取得することができます。 障害者手帳を取得していると、税金の控除・減免、…
  4. 認知症は、高齢者だけの病気ではなく、若いうちから発症することがあります。 65歳未満で発症した認知…
  5. 認知症カフェ
    認知症を発症すると、日常生活の様々な場面で支障が出て不安や焦りが募り、孤立しがちです。 また、認知…
  6. 新オレンジプラン 認知症施策推進総合戦略
    厚生労働省は、65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人が2012年時点で約462万人おり、20…
  7. 認知機能の減衰
    軽度認知障害(MCI)は、認知症予備軍やグレーゾーンと呼ばれる状態です。 放置すると症状が進行して…
  8. 認知症による物忘れと加齢による物忘れ
    認知症の主な症状の一つである記憶障害(物忘れ)は、加齢による物忘れと混同されやすいものです。 しか…
  9. 認知症の中核症状と周辺症状
    認知症の症状は、中核症状と周辺症状の2種類に分類されます。 認知症の中核症状と周辺症状は、起こる原…
  10. 認知症 基礎知識
    最近、認知症という名前はよく見聞きするようになりました。 しかし、認知症がどのような病気なのか、何…

特集記事

  1. 遺産分割 認知症

    認知症と遺産分割!相続人に認知症の人がいると成年後見人が必要?

    遺産分割は、亡くなった人(被相続人)の財産を相続人に移す法律行為であり、相続人には意思能力が備わって…
  2. 成年後見 申立て 審判 鑑定

    成年後見の手続の流れ!申立てから面接調査、鑑定、審判までの期間は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  3. 成年後見 審判 確定 後見人になれる人

    成年後見の手続の流れ!審判で後見人になれる人は?確定までの期間と登記は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  4. 成年後見登記制度 登記されていないことの証明書

    成年後見登記制度とは?登記事項証明書の申請と手数料は?登記されていない証明は?

    成年後見制度では、ある人が制度を利用しているかどうかについて、第三者が知ることができるよう登記の制度…
  5. 成年後見 申立て 申立人 申立費用 必要書類

    成年後見の申立て準備!申立人(申立権者)、申立費用、必要書類は?

    すでに判断能力が低下した人(本人)の支援のために法定後見制度を利用する場合、家庭裁判所に成年後見の申…
  6. 成年後見人 報酬 基準 相場

    成年後見人の報酬付与申立ての方法は?申立書・事情説明書の書き方、基準、相場は?

    成年後見人等は、本人の権利や財産を守るため、療養監護や財産管理の事務を行った報酬を受け取ることができ…
  7. 後見人 仕事 いつまで

    成年後見人の仕事はいつまで?辞める場合の条件と手続は?解任もある?

    成年後見人等は、一旦選任されると、当初の目的を達成しても仕事を続けることになっており、仕事を終えるこ…
  8. 後見 保佐 補助 呼び方

    成年後見監督人とは?職務と報酬、選任手続は?

    本人の親族等が成年後見人等に選任された場合、家庭裁判所が成年後見監督人等(成年後見監督人、保佐監督人…
  9. 成年後見人 仕事

    成年後見人の仕事内容は?療養監護と財産管理、家庭裁判所への報告とは?

    成年後見制度では、本人の財産や権利を守るために、家庭裁判所が成年後見人等(成年後見人、保佐人、補助人…

Facebookページ

ページ上部へ戻る